Search this site
毎日のニュースの中から要チェックのニュースを厳選してお届けします。
<< 東電社長、遅かった被災地訪問 | TOP | サッカー南米選手権、日本代表の派遣決定! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
可夢偉が見せた記憶に残る走り
世界に24人しかいないF1ドライバーは、たとえ最下位チーム所属でも速くて当たり前です。

カムイが優れているのは、ミスが少ないことでしょう。
これは上位ドライバーはみんなそうで、ガンガン攻めてもミスをしません。

カムイと同じ2年目のペトロフやすでに5年目でベテランと言ってもいいスーティルは速くてもミスが多いです。スーティルは両親が音楽家で、自身もピアノが弾けたりするのは面白いと思います。

スポーツ紙を見ると、連続コーナーで華麗にマシンを操り、ラインをクロスさせて前走車をオーバーテイクと書いてありますが、これはタイヤの状態がその時その時で他車と違ったので、オーバーテイクすることもあれば逆にオーバーテイクされることもあり、ドライバーを評価するという点ではあまり意味はないと思います。

ただ、ピレリタイヤのタレ始めてからの性能低下幅の大きさと、後ろにいるマシンしか可変リヤウィングを使えないという競技規則は追い抜きシーンを増やすという点では成功したと言えそうです。

レッドブル、マクラーレン、フェラーリ、ルノーの8台は明らかにザウバーより速いです。メルセデスGPとザウバーが互角とすると、上位にチョンボがない場合、期待できる順位は9位から12位ということになります。しかし、たいてい1、2台はトラブルを起こしたり、ミスしたりするので、7位を期待してもバチは当たらないでしょう。

開幕戦のカムイはリヤウィングのパーツの製造ミスで失格にはなりましたが、8位でゴールしています。

カムイは昨年から、マシンさえ壊れなければ、期待できる順位をおおむね獲得しています。この堅実さを高く評価したいと思いますね。これまでの日本人ドラ イバーは期待した順位を獲得することはごく僅かです。ごく稀に、何かの加減で期待以上の順位を得ることがあり、その時だけファンを喜ばせていました。

確実さを見ると、マレーシアでは「もらい事故」でDNFだった新人ペレスもメルボルンで7位を獲って見せましたし、かなり期待できるドライバーだと思います。

カムイにはペレスに負けて欲しくないので、頑張って欲しいところです。。
posted by howlingg | 11:33 | スポーツ | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 11:33 | - | - | - |